ニューヨークで双子出産①

9月16日に双子を帝王切開で出産して、早いもので6週間が経ちました。     常に寝不足感のある疲れた頭と体で、赤ちゃんのお世話という最低限のことだけをどうにかこなす毎日を過ごしていました。    その感想はというと…。 世の中の双子パパママの皆さん、本当にほんとうにお疲れさまです!! このコメントに尽きます!

tea_break

新生児×2人のお世話はすごく大変だという心構えが前々からできていたからか、始めの1ヶ月体力的な面では辛く感じることがありませんでした。 寝不足を心配していましたが、新生児は食べる→寝るの繰り返しだけなので、細切れですが休息も取れてこれも以外と大丈夫。 特に妊娠中期から数時間毎にトイレや足がつってしまって目がさめるということを繰り返していたので、細切れ睡眠も「なんだ、こんなもんかぁ」 と結構余裕でした。 ただ、出産後の傷ついた体の回復途中ということで、できるだけ横になる時間をたくさん作っていました。 それでも3時間毎にやってくる90分強の授乳&搾乳という赤ちゃんのお世話は、地味ですが少しずつ、少しずつ産前に溜めていた体力を奪っていくのでした。    

そんな無限ループの忙しい毎日に溺れて、毎朝顔を洗って着替える、シャワーを浴びる、人と話をする(旦那さん以外)などというシンプルな事もままならずに1ヶ月以上過ごした結果、精神的な疲れがどっときてしまいました。    たまに見る鏡にうつったクマのある顔を見ても、当たり前ですが全然元気にはなりません。  

うすうすと気づいてはいましたが「私、ヤバイな」という感覚に気づかないふりができなくなってきたこの頃。   「産後うつ」ってこういうところからはじまっていくのでは!?とふと思ったり…。 なので今日は久々に15分かけてメイクをし、授乳も1回分旦那さんに丸投げして、カフェで1人時間を満喫中です。    これからは外出する予定がなくても軽くメイクをして鏡にうつる自分が嫌にならないように、そして少なくとも週に一度、育児から離れる時間を持ちたいと思います。    旦那さんも「一日中出かけてきもも良いんだよ!」と言ってくれるので、こんな時理解があって助かるなぁとしみじみ思います。

 

journal_writing

という事で、久々の1人時間を使ってずっと気になっていた記事の更新をしていきます!    まずは記憶が曖昧になる前に、ニューヨークで帝王切開で双子出産をしたレポートを。

慣れない外国の街(私の場合はニューヨーク)で、慣れない医療制度のもと、予想外の双子妊娠というハイリスク妊婦生活&出産までの間、私自身インターネットでどれだけいろんな方のブログやレポートを検索したことかわかりません。   少しでも不安を和らげるため、あらかじめ心の準備をしておくため、いくつものブログのちょっとした要素を掛け合わせては、自分の状況に当てはめて考えていました。  

ニューヨーク×国際結婚(パートナーが日本の妊娠&出産の常識を共有しないというのも大きなハードルです)×双子という組み合わせのブログがなかったので、いつか誰かの役に立つかもしれないという気持ちと、自分の回記録のため出産レポートを数回に分けてアップしていきます。    箇条書きのメモがあるので、それをもとに思い出しながら毎週1レポートを目標に書いていきます。    ご興味のある方はぜひご覧になってみてください!

 

夏の常備菜 コリアンダーとラディッシュのアジアンサラダ

夏になると食べたくなるのが、タイ料理やベトナム料理などのアジアンテイスト。 熱くて辛い料理もいいのですが、野菜をたっぷり使ったサラダは火を使わずに調理できるし、夏にもってこいですよね。 

今回ご紹介するのは、タイやベトナムのサラダと日本のお漬け物を合わせたようなレシピです。 作って1−2時間くらいで食べればさっぱりサラダのようだし、一晩漬け込んでお漬け物のような常備菜としても活躍してくれます。 コリアンダー(パクチー)とナンプラーの風味は好き嫌いが分かれるとは思いますが、アジアン料理が好きな方には超絶おすすめ簡単レシピです。 たくさん作ってモリモリ野菜を食べてくださいね!

nmcoriander-raddish1.jpg
 

 

コリアンダーとラディッシュのアジアンサラダ

=材料=

  • コリアンダー お好きな分量(私は50gくらいどっさり入れます)
  • ラデッシュ 350g
  • ナンプラー 大さじ2 1/2
  • 水 大さじ2 1/2
  • レモン汁 1個分
  • 醤油 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • 赤唐辛子 お好みで

 

 

=作り方=

1)ラディッシュは下の根元と上の頭の部分を少しだけ切って、3mmくらいにスライスします。 コリアンダーはざく切りにします。

2)  1を密封できるタッパーなどに交互に重ね入れ、合わせた漬け汁(ナンプラー、水、レモン汁、醤油、砂糖、赤唐辛子)を注ぎ漬けこみます。 冷蔵庫に入れて出来上がりを待ちます。

3) サラダ感覚で食べたい場合でも最低2時間くらいは置いておいた方がラデッシュの辛みもマイルドになって食べやすいです。 途中で付け汁が全体に絡むように、混ぜてくださいね。 8時間以上漬け込んで食べるとより一層おすすめです。

 


 

日持ちもするので、常備菜としてたっぷりつくっておくとアレンジ料理がぱぱっとできます。 お気に入りはそうめんに漬け汁ごとかけて、レモンを追加でひとしぼり。 ざく切りトマトとクラッシュピーナッツをのせて食べるアレンジ。 ベジタリアンではない人は、蒸し鶏なんかもトッピングするとおいしいですよ!

radish-coriander2